イベントの総合企画をしております「企画屋でこ」代表decoのとっても私的な個人ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
復興食堂
盛岡市内の協力飲食店で使える5000円分のチケットを盛岡市内で販売し、
うち1000円を復興食堂の運営に充てる。
山田町民約30人もスタッフとして参加し、震災1カ月の11日からオープン。
テントを張って80席ほどを用意。
炊き出し、駄菓子コーナー、衣料品・文具・衛生用品・食品等を無料配布
落語・三味線演奏・弾き語りライブ
夕方からはお酒の振舞いも。

岩手県出身のシンガーソングライター松本哲也さんプロデュース。

~毎日新聞より一部抜粋させていただきました~


私は、子供達が遊べる遊具や鍵盤ハーモニカをもっていきました。
そして、いらしてくれた皆さんに
ハンドマッサージ、インスタントヘッドスパなどをしました。
マッサージをしながら、色んなお話を聞きました。
いっぱいいっぱいなのが文字通り手にとる様に伝わる。

でも、皆すごく周りへ気配りがあって、謙虚で、なおかつ、明るい。
山田出身のDANのオーナーが言ってた。
漁師の人は
燃料満タンにして海へ向かっていくけれど、結果がいいときもあれば悪いときもあって、
油代がただただかかって港にもどってくることもある。
だからといって、海にいかなきゃ魚は釣れない。失敗を恐れていたら、船には乗れない。
その度に落ち込んでいたら漁師になんかなれないだ。といってた。
「守り」じゃなく「攻め」でいないと海に向かうなんていうのは到底できない。
その「海の町スピリッツ」みたいなものが根底に宿っている。
その心意気が、今回の震災で被害にあっていても、
仲間同士で助け合って、復興させようという姿勢につながっている。

ホント、すごいよ。

そして、今日来てくださった加藤登紀子さん。

長靴姿で歌う加藤登紀子さんの歌声、そして、メッセージは山田の人達を勇気づけてくれた。
ライブが終わって、私のところに来て、にっこり笑って思い切りHUGしてくれたのがとっても感激した。
写真
テントの脇で記念撮影♪(deco撮影)※転載禁止します。











スポンサーサイト

別窓 | 出来事 | top↑
web拍手
| *:.。 Deco Style。.:* |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。