FC2ブログ
イベントの総合企画をしております「企画屋でこ」代表decoのとっても私的な個人ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
最後のメッセージ
女優の田中好子さんのご葬儀の模様がテレビで放映されていたのを拝見しました。

映像の中、

お亡くなりになるほぼ1ヶ月前3月29日に病室で録音された

ご本人による肉声のメッセージが会場に流されました。

酸素マスクをはずした3分20秒。

絞りだすような声で、

被災地にいる方達への想い、キャンディーズのメンバーへのメッセージ。

そして、最後に最愛の小達さんへの別れのコトバ。

徐々に自分の身に襲いかかる、せまりくる「死」への恐怖と絶望感の中、

どれほどの思いだったろうかと考えると

辛すぎて

辛すぎて

無常ともいえる現実に

胸が苦しくなります。

病床の田中好子さんは、

幸せだったと振り返る自分の人生の恩返しとして、

天国で被災された方のお役に立ちたい、それが自分の務めであると。

志半ばでこの世の人生を終わることを覚悟し、口にすることで真に死と向き合おうしていた

いわば決意のコミットメントだったのかもしれません。

慈愛の深い方であったことを表すように

最愛の仲間達と

「愛してた」ではなく「愛してます」と、交わされるメッセージ。

多くの仲間、ファンに見送られたスーちゃんの遺影には

デルフィニウムの花が綺麗に飾らせていました。

以前、花屋で働いていた私は、この花が大好きです。

上品で、可憐で、可愛い花です。

遺影のお顔は、凛々として温かく綺麗な優しい笑顔。

まさかスーちゃんがこんなに早く旅立ってしまうなんて思わなかった。



自分が最期を迎える時、

どんなことを想うか、

どんな人の顔が浮かぶか、

どんなことを話すのか、

「生」と「死」について

今このまにまに自分自身に

問うてみる。















スポンサーサイト

別窓 | 言葉 | top↑
web拍手
| *:.。 Deco Style。.:* |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。